美容鍼灸師になりたい人は知っておくべき!美容鍼灸の専門学校に関する基本情報を分かりやすくご紹介!

当サイトは美容鍼灸師になりたい人は知っておくべき、美容の鍼灸の専門学校に関する基本情報を分かりやすくご紹介しています。
美容のために使う鍼灸の技術や知識を身に着け、資格取得を目指すのならぜひ参考にしてみてください。
鍼灸の学校を選ぶときにチェックしておきたいポイントも解説しています。
さらに美容効果の研究・実験を行う鍼灸の学校もご紹介しています。
数々の学校の中から自分に合ったところを見つけるのに役立つはずです。

美容鍼灸師になりたい人は知っておくべき!美容鍼灸の専門学校に関する基本情報を分かりやすくご紹介!

幅広い世代の人たちに愛用されている東洋医学の治療方法で、様々な場面で利用されている鍼灸を美容に活かしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
そのようなときには、美容鍼灸師を目指せる専門学校で学ぶのもおすすめです。
知っておきたい情報として美容鍼灸の場合でも、一般の鍼灸師と同様な国家資格が必要だということがあります。
国家試験を受けるには学校で学ぶ必要があり、専門学校の場合には3年間通って卒業し受験資格を得なくてはなりません。

美容鍼灸師になるには?専門学校で学べるカリキュラムの内容

鍼灸という治療は、古代中国で誕生した民間療法です。
人体に108個あると言われるツボに灸を据えることで血流を良くして、あらゆる疾病を治療できるものです。
日本では平安時代ごろに遣唐使によって伝えられ、その後現在に至るまで使われています。
昨今では美容鍼灸というものも誕生をしており、美容鍼灸師という新しい職業も誕生しました。
簡単に美容鍼灸師になるにはどうしたらいいのかを、ここで解説をしましょう。
基本的には高校を卒業して鍼灸の技術を教えている専門学校に進学をしないといけません。
2021年現在で全国に約160の学校があり、特に都心部に多い傾向です。
ここのカリキュラムは3年間で計50の単位を取得して卒業となります。
美容鍼灸の場合だと基礎美容講座から基礎医学などがあり、おもに美容関連のカリキュラムで構成をされているのがポイントです。
資格としては通常の鍼灸師となるため、疾病治療を灸でおこなうことも可能です。

美容鍼灸師の専門学校で資格を得るための実力をつける

美容鍼灸の専門学校に通って、資格を取得するための実力をつけてみましょう。
美容鍼灸は、通常の鍼灸とは違い美容に対して効果を発揮してきます。
使用することでたるみやシワなどを改善する効果が高く、アンチエイジングに最適です。
このような技術は、専門学校に通って勉強する必要が出てきます。
専門学校に通えば、資格に必要な技術や知識を身に着けることが可能です。
教科書で勉強するだけではなく、実技を通して勉強していくことになるので、卒業した後にも即戦力として活躍できるだけの実力を身に着けることができます。
卒業後にすぐにでも働きたいと考えている方も、その希望を叶えることができるでしょう。
美容鍼灸は、美容に興味のある人たちから支持されていることもあり、働ける場所はたくさん存在しています。
専門学校に通うことで、そのための力をつけることができるので卒業後のことまで考えた時には通ってみるとよいでしょう。
通うことでよかったと思うことができます。

美容鍼灸の専門学校では高い技術を身につけるためのカリキュラムが組まれている

東洋美容はエステサロンでも導入している所も増えている傾向が在りますし、いま非常に注目されているという背景があります。
求人でも美容鍼灸が出来るスタッフを募集していているサロンや鍼灸院も多いですし、美容を目的としている鍼灸院ではかなり需要が高いです。
専門学校を選ぶ時には、カリキュラムをよく見て比較をしてから選んでいくことが大事です。
一般的な鍼灸だけではなく、そこにプラスした技術が求められますし美容鍼灸の世界を極めるのであれば学校でのカリキュラムも重要です。
学校によって何が学べるのか、内容がかなり変わってきますのでネットの情報でまずはチェックをして見学などで訪れてみる事をお勧めします。
技術をより深く学ぶことが出来る学校は、設備も講師の質も高いという傾向が在ります。
そのため学費が他よりも少し高くなってしまうということも有りますが、それでも選ぶ価値があるでしょう。
口コミ評判であったり卒業後の進路もチェックです。

美容鍼灸の専門学校における難易度と合格率

美容鍼灸は美肌作りやむくみ解消、疲労回復などのサポートを行う施術で、エステサロンなどの美容分野で活用しています。
鍼灸師になるためには国家資格が必要となり、その受験のために定められた養成課程が用意されている専門学校か、3年制または4年制の大学に通わなければなりません。
美容鍼灸は、はり師・きゅう師の技術の一つで、学校によっては専門コースを用意している場合もあります。
鍼灸は医療やスポーツ、介護など様々な場面で活躍しているため、より特定の分野に特化した技術が求められることも少なくありません。
学校のカリキュラムの修了後に国家試験に合格すれば、はり師・きゅう師の2種類の免許証の交付を受けることが可能です。
片方だけの資格取得も可能ですが、同時に受験すると共通科目が免除になる利点があり、両方の資格の同時取得が一般的です。
年によりますが、合格率は70%前後で推移しています。
試験の難易度は低くありませんが、しっかり準備を行えば十分に合格を狙えるでしょう。

美容鍼灸に関する情報サイト
美容鍼灸のお役立ち情報

当サイトは美容鍼灸師になりたい人は知っておくべき、美容の鍼灸の専門学校に関する基本情報を分かりやすくご紹介しています。美容のために使う鍼灸の技術や知識を身に着け、資格取得を目指すのならぜひ参考にしてみてください。鍼灸の学校を選ぶときにチェックしておきたいポイントも解説しています。さらに美容効果の研究・実験を行う鍼灸の学校もご紹介しています。数々の学校の中から自分に合ったところを見つけるのに役立つはずです。

Search